成川.net 合格ブログ(成川豊彦日記)

すべての「資格試験受験生」を応援する成川豊彦の合格ブログ|成川日記

逃げ切った、団塊世代の男達・・・!!


 夢を抱いて、実現する君よ!今、世界の各国を始め、日本も不確かな時代へと突入し始めた。雇用制度、年金制度も右肩下がりだ。

今、年金生活をしている世代、団塊世代は、この不確かな時代を言葉は悪いが、「逃げ切った」世代だ。年金もほぼ満額受給できる最後の世代だと言われている。

年金等は自分が働いて、得られるものであるから、満額もらって当然と言えばそうであるが、次世代の人に少しは申し訳ない気持ちを持って欲しいと思ったりする。これからの世代の若者の肩にどっしりと65歳以上の老人達がかぶさって行くのである。

わしは、76歳になった今も、働いてお金を得させていただいている。金額は少なくても、生活を保てる分のお金は自分で稼ぎたいのだ。

団塊世代より、年上ではあるが、逃げ切る生き方はしたくない。いくつになっても、自分で稼いで、生活をして行ける社会作りは絶対に必要だと思う。

「年金が少なくて・・・」とぼやいているより、働く場所を探した方が良い。「生涯現役」は、個人にとっても、国にとっても、最大のテーマである。

わしの理想は、「死ぬ当日までバリバリ」だが、現実はそう上手く行かないかも知れない。しかし、その理想にちょっとでも近づけるように、個人も、国も、本腰を入れて、コツコツ準備を重ねて行くべきだろう。

個人なら、 まずは健康に対して真剣になる。具体的には、食生活の改善だ。国としては、やるべきことが山積しているが、無駄、不正、横着、上から目線などの徹底排除からでどうだろう?

夢を抱いて、実現する君よ! 「生涯現役」で夢を絶対実現!!

 本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

 あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

 なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

【合格一本勝負】
Q:格差が大きい今、当事者感覚の共有は難しいですね(予備試験志望・埼玉県・合格ネーム Oさん)。
A:難しいが、重要

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター


| 2017⁄06⁄21(Wed) |    
「ありがとうございます」が言えない・・・!!


 夢を抱いて、実現する君よ!先日、このブログで、「『ありがとうございます』が言えない人が増えている。それも、PC、スマホやタブレットがあたりまえのようにあった若い世代に多い。

コミュニケーションを円滑にするための道具が、コミュニケーションを阻害している」という内容の文章を書いたところ、様々な方面から、「全くもって、その通り!」という多くのお声をいただきました。

教育の現場でも、仕事の現場でも、広く見られる現象のようです。その中で、特に気になるご意見がありました。中学校の先生をしていらっしゃる40代の男性からです。

「ITの進化は、スピードや使い勝手の良さなど、快適さを追求します。メーカーも、ユーザーもそれを求めています。ところが現実の、人間対人間のコミュニケーションは、常に快適とは行きませんよね。本気で相手と向き合うとなれば、対立や摩擦があるのが当然です。違う人間同士なのですから。どうもその辺りのことが、若い彼ら、彼女らからは抜け落ちているような気がします。お礼のひとことが自然に言えないのも、このことに関係しているのかも知れません。キーを叩けば、タップをすれば、 目当てのものがすぐに出て来るのに慣れている若い世代には、『それであたりまえ』の感覚があるのでは。

そういった意味では、プログラミングを子どもたちの教育に取り入れることには、一定の効果があるかも知れません。簡単そうに見えることでも、いくつものコマンドの積み重ねや連係が必要なのですから。意思を疎通させることは、そう容易いことではない。正確さ、繊細さ、相手に対する思いやりが必要な、手間のかかる作業なのだと、子どもたちが学んでくれるといいのですが」。

夢を抱いて、実現する君よ! コンピュータからも学んで、夢を絶対実現!!

 本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

 あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

 なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

【合格一本勝負】
Q:受からない試験はない。準備がすべて(予備試験志望・静岡県・合格ネーム Hさん)。
A:1日1日を悔いなく、無駄なく!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター


| 2017⁄06⁄12(Mon) |    
グレーゾーンの子ども達の多さに驚いた・・・!!


 夢を抱いて、実現する君よ!「スクール東京」で講座(6月3日から始まる短答対策ゼミ・論文対策ゼミ)を受講、わしの「個別指導」を受けているC君(28)。

お姉さんは小学校の先生をされているとのことである。先日、「個別指導」にやって来た、C君から聞いた話を書かせてもらう。

今、小学校では、普通学級で過ごす能力に満たない児童を始め、「生徒」が1時間授業の間、じっと座って授業を受けられない児童、友達同士のコミュニケーションが取れない児童、給食をひとりではきちんと食べられない児童、すぐに泣き出す児童、すぐに切れる児童・・・等々、問題を抱えている児童の数が本当に多いそうである。

わしの小学校時代には(もう65年以上も昔であるが)、1学年に1人位は、能力的に普通学級で難しい児童がいたか、いなかったかの程度である。

現在、小学1年生から6年生のクラスの中で2~3人、これらの問題を抱えている児童がいるとのことである。1クラス30人程の児童の1割弱という数に驚くと共に対応する先生の大変さを感じる。

C君のお姉さんは「少し、問題がある児童の親御さんは、そのような子どもの実態を認めたくないお父さん、特にお母さんが多いのよ。学校として、親御さんへの対応も今の時代、難しい。うちの子どもは普通ですと言われたら、何とも言えないし、実際、見た目で判断する何かは見当たらないので余計に難しいのよ」と彼に話すそうだ。

わしは「学校」、「地方行政」が出来ることは限られていると思う。先日も別件でブログに記したが、この問題も「国全体」の取り組みとして「プロジェクト」を立ち上げ、政府が介入するべきことだと感じる。

夢を抱いて、実現する君よ! 「国家プロジェクト」単位で未来のある「児童」を守ることを推進して、夢を絶対実現!!

 本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

 あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

 なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

【合格一本勝負】
Q:人生100年・・・長いですねえ(ロースクール生・京都府・合格ネーム Rさん)。
A:やろうと思えば、色々やれる!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター


| 2017⁄06⁄02(Fri) |    
「ありがとうございます」が言えないIT世代!!


 夢を抱いて、実現する君よ!PC、スマホやタブレットなど、私たちの身近なところでドンドン進化して行くIT技術。現在進行形だが、後世から見れば間違いなく、産業革命の1つに数えられるだろう。

ところが、これらITの恩恵に生まれた時から与っていた若い世代について、旧世代のわしからすれば気になることがある。それは、「ありがとうございます」のひとことが言えない人が多いのだ。「ものを譲ってもらったとき」「世話をしてもらった際」「指導してもらったとき」など。

ITは主に、コミュニケーション・ツールとして発展して来た。ところが、そのツールが当たり前のようにすでにあった若い世代から、コミュニケーションの基本、というか根本である「ありがとうございます」という言葉が失われている。

ITが当たり前ではなかったわしのような世代から見れば、そのことが非常に気がかりなのである。「ありがとうございます」が言えない彼ら、彼女たちは、このことに気づいていないと思う。自覚がないから、それほど悪いこととも思っていないだろう。

逆に、旧世代から厳しく指摘されたりすれば、ポカンとしたり、カチンと来るかも知れない。相当、ギャップがあるのだ。仕事の現場で、あるいは教育の現場で、このギャップは広く見られるのではないか?

皆さんの周囲では、如何でしょう?

成川、いまだに戸惑いを覚えること、しきりです。時代の流れと言えばそれまでだが、「ありがとうございます」のひとことが消えて行くのは、良いことだとは思えない。人への感謝を端折ることが、効率や利便性だとしたら寂しいではないか。

夢を抱いて、実現する君よ! 「ありがとう」の気持ちを大切にして、夢を絶対実現!!

 本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

 あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

 なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

【合格一本勝負】
Q:仕事に行く前の2時間。その積み重ねで合格してみせます(弁護士志望・福島県・合格ネーム Sさん)。
A:応援します! いつでもサポートする!!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター


| 2017⁄05⁄29(Mon) |    
注意されて、“カッ”となるのは、自分が「弱い」からである!!


 夢を抱いて、実現する君よ!(1)すぐに、切れる。(2)すぐ、“カッ”となる、人が多くなって来ている。テレビのニュース、新聞の事件欄等からも、動機が「切れた」、「“カッ”となった」と見聞きすることがある。

わしは、すぐに、切れてどうするの?“カッ”となってどうするの?と尋ねてみたくなることがある。

実際、今、このようなタイプの受験生の指導をさせていただく時がある。彼らは、「注意」されることを、極端に嫌う。勝手な「理由」づけをして「自己弁護」に走る。自分の物差しで「解釈」をするので、自分の考えが「正論」であると主張して来るのだ。

やっかいなことだ。教えているわしの気持ちが切れそうになってしまいそうな時がある。

「自分に自信がない人」=「自分に弱い人」に見られるパターンだ。

“カッ”となるには、それなりのエネルギーがいる。意味のない感情に費やすのは、もったいない。その力を「勉強」、「仕事」に向けたらどうか?

弱い自分から勝つ自分になる「努力」をして行こう。自分に負けたら、誰にも勝てないぞ。勉強や仕事のことで注意されたら、それは自分の間違いを正し、改善する機会を与えられたということではないか!

なぜ、そこで切れる?
注意してくれた相手に対して、お礼を言うのが本当ではないか?

自らの過ちや至らなさを正面から受け止められない人には、成長はない。合格も成功もありえない。

夢を抱いて、実現する君よ! 注意された時、「ありがとうございます」と言える自分になろう。そして、夢を絶対実現!!

 本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

 あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

 なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

【合格一本勝負】
Q:兼業受験で、私は鍛えられました!(弁護士志望・大阪府・合格ネーム Rさん)。
A:本当にタフな日々!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター


| 2017⁄05⁄18(Thu) |    
指を滑らすサル!?


 夢を抱いて、実現する君よ!東京は今やスマホだらけです。電車に乗っていても、街を歩いていても、お店に入っても・・・どこもかしこも、スマホをやっている人たちでいっぱいです。東京以外でも、やはりそうなのでしょうか?

地方から「成川合格塾」に参加している受講生の方々に話を聞くと、どうも似たような状況のようです。つまり、日本全国、スマホだらけ。これ、どうなんでしょう?

元は電話、ですよね?

近くにいない相手とコミュニケーションを取るための道具だったはず。それが、今では、コミュニケーションを遮断しているかのような印象を受ける時があります。

実際、仕事場では、話せば済むことを、場合によっては隣の席の人に対して、わざわざSNSを通じて発信する若者が増えているらしい。カフェ、レストランや飲み屋さんでも、俯いてスマホと睨めっこしている人が多く、「ちょっとした出会い」が生まれることがドンドン少なくなっているような気がします。

確かにスマホ、超便利です。

しかし、人から言葉を取り上げている面もあるのでは?

生きた声、その場その場で発せられる表現のニュアンスを希薄化しているのでは?

わしは心配です。

かく言う成川も仕事上、ケイタイやタブレットを眺めていることが多く、最近になって気づいたのですが、夜遅くまでやっていると、どうも安眠出来ない! 脳が興奮状態になってしまうのでしょう。

そこで、こんな対策を立てました。

(1)就寝前3時間は、スマホやタブレットを手にしない。
(2)休憩中、あるいはオフの日も同様。スマホ、タブレットには近づかない。

夢を抱いて、実現する君よ! 時には文明の利器から解放されて、夢を絶対実現!!

 本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

 あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

 なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

【合格一本勝負】
Q:書くと覚える。勉強の基本ですね(予備試験志望・滋賀県・合格ネーム Mさん)。
A:書いて、書いて、書きまくろう!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター


| 2017⁄05⁄11(Thu) |    
これも大きな社会問題!!


 夢を抱いて、実現する君よ!わしは、移動に利用している電車を「動く書斎」として存分に活用している。電車の中だと仕事や勉強がものすごくはかどるのだ。職業柄、デスクワークは避けて通れないが、正直に言うと、机の前にじっと座っているのはあまり得意ではない。子供の頃からそうだった。76歳にもなって何を今更と思われるかもしれないが、上京して半世紀以上を過ごした東京に対し、今でもどこか馴染めない気持ちを抱えているように、机の前でじっとしているのもあまり得意ではない。だから、事務所では時々、立ち上がって体操を始めたり、机の周囲を歩きながら仕事や勉強を続けたり・・・色々と工夫しながら集中力を保っている。

その点、電車内は、
(1)適度な振動がある
(2)窓外の景色が変わる
(3)人中の孤独が得られる

などなどから、仕事や勉強に持ってこいなのだ。

ところが!

首都圏の電車事情には大きな問題がある。25~35歳の男女が、乗り込むと同時に躊躇なく優先席を確保。ふんぞり返ってスマホをいじりまくっている。ひどいのになると、終点の一駅前から準備を始める。終点に着いて折り返す電車でちゃっかり優先席に座るのだ。これは些細なことではない。小さな問題とはわしには思えない。大きな社会問題の一つではないですか? 車内アナウンスでビシッと注意喚起をしてもいい頃だと思う。毎日、毎日、目に余る。一向に改善の兆しが見られない。鉄道会社の関係者のみなさん、ご一考をお願い致します。

夢を抱いて、実現する君よ! ルールとマナーを大切にして、夢を絶対実現!!

 本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

 あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

 なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

【合格一本勝負】
Q:この春、社会人デビューです。早速、資格取得に動きます(金融系志望・東京都・合格ネーム Hさん)。
A:そのスピード感が、吉を呼ぶ!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター


| 2017⁄04⁄21(Fri) |    

| トップ | 次の7件へ >>


成川日記の終了まで

あと
わしは、100歳になる前日の2041年1月27日(日)午後6時ごろに、この世を去るであろう。その日まで"スコーン"と面白く行こう!
成川先生のカウントダウン

ブログ内検索

月別アーカイブ

「ブログ村」人気ランキング

クリックに、ご協力ください!
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
18位
アクセスランキングを見る>>
QRコード

QRコード
ブログ村PVアクセス順








Copyright © 2017 成川豊彦の合格ブログ(成川豊彦日記) | 毎朝4時更新!|資格試験. All Rights Reserved.