成川.net 合格ブログ(成川豊彦日記)

すべての「資格試験受験生」を応援する成川豊彦の合格ブログ|成川日記

合格が遅れたら、長生きすればいい!!



予備試験論文式試験受験生のみなさん!
今日は、初日!
合格のポイントは、シンプル。
1.わからないことは、かかない。
2.文中のキーワードを見つけて、条文につなげる

これだけで受かる!

 夢を抱いて、実現する君よ!このブログと同じく、毎朝4時に更新している「司法試験・予備試験ブログ」では、毎週日曜日に、合格のバイブルともいえる“プロフェッショナルな勉強法”を掲載している。読者からのご要望にお応えして、この合格ブログ(成川日記)でも、“プロフェッショナルな勉強法”を、アンコール掲載する。

● 最新の“プロフェッショナルな勉強法”は、「司法試験・予備試験ブログ」。
● アンコール掲載の“プロフェッショナルな勉強法”は、この合格ブログ(成川日記)。

 毎週日曜日は、両方のブログに“プロフェッショナルな勉強法”を掲載するので、必ずチェックをして、成功・合格に結びつけてほしい。それでは、合格のためのアンコール掲載“プロフェッショナルな勉強法No.131”を、どうぞ。

「合格が遅れたら、長生きすればいい」。
 自分として、一生懸命、勉強しているのに連敗続き。2年後輩が先に合格した。周囲からは、「もう、止めたらどうか」「いいかげんに、してよ」とブーイング。それでも、どうしても、どうしても、合格したいが・・・。

<×:スベる人>
(1)どうしようもなく、悔しい。
(2)「もう、自分には無理か。年も年だし・・・」と弱気になってしまう。
(3)「受験を断念して、就活をしようかな」と折れそうになるが・・・。

<〇:受かる人>
(1)最初は気になっていたが、すぐ気分転換した。「他人は他人。自分は自分」。
(2)他人が何年で受かったとか、何歳で合格したとかは、関係ないとし、「自分は、必ず合格する」と信じて、“爆勉”する。
(3)「よーし」。先に受かった人より、10年以上長生きして、社会で活躍しようと、心に決める。

<合格ポイント>
(1)年下に抜かれるのは、嫌なものである。例えば、公認会計士試験のために5年間も必死で勉強しているのに、自分より後から勉強を始めた若い人が、2年でアッサリ合格してしまうと、どうしようもなく焦るだろう。会社での昇進試験なども、同様だろう。どうしようもなく、悔しい。悔しがっているうちは、まだいいが、「疲れた。諦めようか・・・」と弱気になったら、最悪だ。

(2)しかし、こんなことは世の中にはザラである。予備校や大学のゼミで勉強を教わっていた先輩より後輩の方が先に合格して、面倒見のいい先輩はとうとう受かることができなかった、という話はよく聞く。気にすることはない。要は、諦めずに受かれば、いいだけだ。

(3)それに、合格するのが他人より遅れても、その分、長生きすればいいだけの話。若くして受かる人の多くは、人生のピークも早く訪れるものである。苦労もなく手に入れたものは、粗末に扱いやすいから。先行していた人のピークが過ぎたころから、遅咲きの人の栄光が始まるのである。ゆっくり、大きく、仕事の幅を広げていけばよい。苦労した分だけ、実務では相手の気持ちや痛みがよく分かって、成功することが多い。

(4)高齢化社会を迎え、いろいろな意味で先は長くなっている。何も焦ることはない。「大器晩成で、行こう」。

<裏技>
(1)「長生きも、受験科目の1つ」とみなして、健康管理に気を付ける
(2)「なにくそ」という気持ちを持ち続ける。
(3)「どうしても、どうしても合格したい人」は、“最後の砦(とりで)”である「スクール東京」の「成川合格塾」に入る。そこで、“合格する性格”に変えてもらう。

 本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

 あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

 なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

【合格一本勝負】
Q:暑い日の効果的な勉強法は・・?(司法試験受験生・神奈川県・合格ネームKさん)。
A:早起きとフロに1日3回入る!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター


| 2017⁄07⁄16(Sun) |    
140字ショートショート文章コンテストを開催したい!


【140字ショートショート文章コンテストを開催したい!】
CAMPFIREさんにて、クラウドファンディングの募集をスタートしました!みなさまのご支援をよろしくお願い致します!
http://buff.ly/2sictWd




| 2017⁄06⁄08(Thu) |    
今なら間に合う!


【今なら間に合う!】

司法試験・予備試験の結果発表後のこの時期は、これから1年間の動きを決める大事な時です。司法試験・予備試験のペース・メーカーである、「スクール東京」が開講する、本気の講座、「短答・論文対策ゼミ2018 短答対策」は、スタート。これから始まる科目もあり、まだまだ、受講は間に合います。

無料体験講座を、ご用意しておりますので、ぜひ、ご活用ください!
https://goo.gl/OXlD6C

また、6月3日から始まった、「短答・論文対策ゼミ2018 短答対策憲法1回目」の中から1問を、特別限定公開します。授業のイメージが出来ますまで、ぜひ、ご視聴ください!
以下のフォームからご登録ができます。
http://buff.ly/2sccR8w




| 2017⁄06⁄08(Thu) |    
『試験とは何か?』が分かると、すぐに受かる!!


 夢を抱いて、実現する君よ!このブログと同じく、毎朝4時に更新している「司法試験・予備試験ブログ」では、毎週日曜日に、合格のバイブルともいえる“プロフェッショナルな勉強法”を掲載している。読者からのご要望にお応えして、この合格ブログ(成川日記)でも、“プロフェッショナルな勉強法”を、アンコール掲載する。

● 最新の“プロフェッショナルな勉強法”は、「司法試験・予備試験ブログ」。
● アンコール掲載の“プロフェッショナルな勉強法”は、この合格ブログ(成川日記)。

 毎週日曜日は、両方のブログに“プロフェッショナルな勉強法”を掲載するので、必ずチェックをして、成功・合格に結びつけてほしい。それでは、合格のためのアンコール掲載“プロフェッショナルな勉強法No.123”を、どうぞ。

「『試験とは何か?』が分かると、すぐに受かる」。
 「今、自分が受けている試験の本質は、何か」。このことを理解せず、ただ闇雲に机に向かっているだけ。これでは、ピントが合わない。だから、何度も滑ることになる。どうする。

<×:スベる人>
(1)「この試験は、受験生にどんなことを要求しているのか」が、まったく、つかめていない。理解しようとも、しない。
(2)ただ、毎日、適当に勉強しているだけ。そのため、学ぶこと自身に、いつまで経っても興味が湧かない。
(3)逆に、いたずらにジャンクな資料を集めまくり、試験に出ない答練を受けまくる。そして、焦る。
(4)いずれにしても、落ちる受験生の本音は「資格(バッチ)は好きだが、勉強は嫌い」。

<〇:受かる人>
(1)目指している試験の抽象的な意味・目的・本質・内容などをハッキリとつかめている。
(2)「具体的な中身は、過去問で示されている」。「したがって、過去問を研究することが、合格するための絶対的な要件である」と悟っている。
(3)ズバリ、過去問だけを完全に分かるだけで十分、という“戦略”を立てる。そして、毎日コツコツ問題を本質的に理解する“戦術”を実行している。
(4)過去問の傾向から見て、出そうにない問題や答練は、無視する。

<合格ポイント>
(1)受けている試験の意味・目的・本質などは、公表される試験要項などから、読み取る。
(2)試験の内容は、過去問そのもの。
(3)何年かけて勉強しても、目指す試験にどうしても合格できない人は、自分が何をやっているのか分かっていないことが多い。このように私が言うと、「いや、ボクは、自分が○○試験の勉強をしていると、ちゃんと分かっていますよ」などと反論が出る。「ところで先生、先日うかがったこの条文の解釈なんですが・・・」。やっぱり、分かっていない。「そこは試験に出ないと、何度も言ったじゃないか」。頼むからもう忘れてくれ、と私は心から願う。「その分野における専門家のタマゴになるための、最低限の素養を身につけているかどうかを問う」。これが、資格試験である。高校・大学入試も、基本的には同じだ。試験の本質が理解できれば、すぐに合格できる。一般的な試験の本質とは、次のようなものである。

 ① 若くても(20歳でも)、合格できる。
 ② 実務経験は、いらない。
 ③ 過去問が、形を変えて何度も出題される。
 ④ 順位を問う試験である。つまり、問題や試験そのものの難易度は、合格には関係ない。「上位×番」に入るかどうかだけが問題なのである。

<裏技>
(1)マーク式(短答・択一)試験であろうと記述式(論文)であろうと、過去問答練を受けて90%前後の得点をする。それだけで、絶対合格できる。しかし、かなりの時間がかかる。
(2)「過去問題は、予想問題である」ことに、早く気づく。

 本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

 あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

 なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

【合格一本勝負】
Q:試験、疲れました。パッと遊ぼうかと、思っています!(司法試験受験生・東京都・合格ネームNさん)。
A:まだ、受験生の身。合否発表まで勉強してはどうですか?

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター


| 2017⁄05⁄21(Sun) |    
ココロ澄ませば!

わしは出会った人と握手やハイタッチをするのが好きなのだが、何十年も続けてきたせいか、手が触れ合った瞬間に、相手の感情がわかるときがある。たとえば通常、「両手での握手」は、先方に対する深い感謝や尊敬の徴だが、場合によっては、「頼りたい」「すがりたい」といった当人のネガティブな気持ちの表れであることもあるのだ。
考えてみれば、人体は、高度なセンサーの大集合。握手1つ、ハイタッチ1つでも、いろんなことが感知できるものです。


【合格一本勝負】
Q:新司法試験に合格しても、職がないというのは本当ですか?(弁護士志望・栃木県Dさん)
A:「甘い気持ちでは、職を得られない」というのは本当!


【成川豊彦プロデュース・合格グッズ専門通販サイト】
(パソコン用)合格グッズ.com
(携帯版)合格グッズ.com


| 2010⁄09⁄26(Sun) |    
仕事始めに、真のエリート求む!

Wセミナー・マスコミの出身者で、現在、ある新聞の論説委員をやっている人のひとこと。長年にわたる取材経験から、官庁や大企業のエリートたちの多くに、次の3つの悪癖が見られるという。
(1)反対勢力をつぶすため、守秘義務のある情報、あるいは言わずもがなのスキャンダルを、組織外へリークする(リーク)。
(2)同じく、反対勢力に対抗するため、手を変え品を変え、組織内で相手の悪口を言いまくる(悪口)。
(3)偉そうにして、高い給与をもらっているわりには、実働が少ない。仕事をやっているように見せる「サボタージュの技術」に長けている(サボタージュ)。
「『これが、エリートの条件なのか』と錯覚してしまうほど、よく見られる共通事項です」と論説委員。わしには、要領の良さを勘違いしているとしか思えない!


【合格方法一本勝負】
Q:先生のアドバイスに従って、帰省には勉強道具を持って行きませんでした。すると、無性に勉強したくなって。我ながら、勝手なものだとあきれています。(ロースクール志望・千葉県Kさん)
A:勝手な自分を、より強く、たくましく!


【今日の書】
自分以外は、みんな先生
・今日の書の「直筆のはがき」をパソコンで購入する : 1,050円(税・送料込)
・今日の書の「直筆のはがき」を携帯電話で購入する : 1,050円(税・送料込)
・今日の書の「直筆の色紙」をパソコンで購入する : 2,940円(税・送料込)
・今日の書の「直筆の色紙」を携帯電話で購入する : 2,940円(税・送料込)
・今日の書の「直筆の掛け軸」をパソコンで購入する : 8,400円(税・送料込)
・今日の書の「直筆の掛け軸」を携帯電話で購入する : 8,400円(税・送料込)


| 2010⁄01⁄05(Tue) |    
来年、飛躍したいなら!

2009年も、いよいよ明日で終わりだが、この1年の最大のトピックは、何といっても「政権交代」だ。
世の出来事を、わが身に照らし合わせることが、同時代を生きることにつながる。では、今年のポイントは、どこにあるか? 自民党か民主党かは、2次的な問題でしかない。「変わった」ということが、最重要なのだ。アメリカで黒人初の大統領となったオバマ氏が、米国民、および世界に向けて発信し続けたメッセージも、「CHANGE」だ。
つまり、慣れ親しんだルーティンやアプローチ、その根底にある思考や発想をガラリと一変させてみることが、2009年最大の教訓なのである。
勉強や仕事、あるいは生活全般にマンネリズムを少しでも感じているのなら、勇気を出して、違うことをやってみる。たとえどんなに小さなことでも、その行動の1つひとつが、2010年への夢の架け橋になる!

【合格方法一本勝負】
Q:今年を表す漢字は、「新」だそうで。でも、新しいことを始めるのって、難しいですよね。(弁護士志望・埼玉県Aさん)
A:短期間だけ熟慮して、あとはすぐに思い切ってやってみる。これしかない!


| 2009⁄12⁄30(Wed) |    

| トップ | 次の7件へ >>


成川日記の終了まで

あと
わしは、100歳になる前日の2041年1月27日(日)午後6時ごろに、この世を去るであろう。その日まで"スコーン"と面白く行こう!
成川先生のカウントダウン

ブログ内検索

月別アーカイブ

「ブログ村」人気ランキング

クリックに、ご協力ください!
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
3位
アクセスランキングを見る>>
QRコード

QRコード
ブログ村PVアクセス順








Copyright © 2017 成川豊彦の合格ブログ(成川豊彦日記) | 毎朝4時更新!|資格試験. All Rights Reserved.